どんな準備をすれば良いのか

若者が失敗せずに起業する方法

>

自分で会社を作ってみよう

知り合いに頼んでみよう

金融機関からお金を借りることに、抵抗を感じている人がいると思います。
それなら最初は、家族や友人などの知り合いに頼んでみましょう。
どのような会社を起業したいのか、計画を詳しく伝えてください。
怪しげな事業には、誰もお金を貸してくれないでしょう。
また、自分に投資することで得られるメリットも伝えるのがおすすめです。

貸したお金が倍になって返って来ると言われたら、お金を貸しても良いという気持ちになると思います。
資金を援助してもらう際は、利子や返済期間などについてきちんと決めておきましょう。
それらの部分をあやふやにしていると、後からトラブルが起こってしまいます。
口頭だけの約束ではなく、契約を紙面に残しましょう。

金融機関から借りてみよう

知り合いに頼んでもお金を借りられなかった場合は、銀行などの金融機関に依頼してください。
いくつかの金融機関がありますが、基本的な流れは同じです。
申し込んだら審査を受けて、通過できたら資金を得ることができます。
審査の内容は、それぞれの金融機関によって変わります。
初めて起業する人は、審査が簡単だと言われる金融機関を利用するのがおすすめです。

審査する際は、社会的な信頼が非常に重要です。
会社を経営したことがない人は、社会的な信頼が低い状態だと思ってください。
それでは借りたお金を、返済できるかわからないので審査を通過できない可能性が高いです。
初心者向けの金融機関があるので、そこに頼んでください。
早めに申し込みましょう。


この記事をシェアする